第一子を授かるための妊活奮闘記

自由だった独身時代から結婚をし、旦那様との幸せな生活を手に入れました。子供が欲しくて妊活に励んでいますがなかなか授かりません(>_<)赤ちゃん欲しいよ~。そんな日々を綴ります。

不妊治療のために仕事を辞める、妊活中の働く女性の悩みとは

 

不妊治療のために仕事を辞めるという選択肢を選ぶ女性も多くない時代。

もちろん働き続ければ出産手当金をもらえたり、育児休暇中に給付金がもらえます。

ですが働いていればストレスが溜まり、病院にも通いづらいというデメリットがあります。妊娠を本気で考えている方ほど仕事を辞めるか辞めないか悩むこともあるのではないでしょうか。

 

f:id:aki234:20190424204610j:plain

 

現に今、わたし自身も悩んでいる「仕事を辞めるか辞めないか」の選択

不妊に大きな影響を与えるストレス。

それはプライベートのストレスなのか、仕事でのストレスなのか。

ストレスの感じ方は人によって様々です。

 

働く女性で不妊に悩んでいる方で「一度仕事を辞めて不妊治療に専念したい」と思うことはありませんか?

 

わたしはあります。

 

わたしが感じているストレスは仕事が大半です。

事務員として働いているので日々、電話対応、来客対応、事務処理に追われています。

毎日忙しく、電話もたくさん鳴るので電話対応以外の時間で事務処理を進めますが忙しい時は全然終わりません。クレームも多いのでお客様の話が長引けば仕事が進まない。

ほかにも会社に対しての不満もありますが、組織ですからわたし個人の意見が通じる世界ではないので不満があっても従わなければいけないと我慢している部分もあります。

 

最近は仕事に行くのが嫌だな~と毎日思うようになりました。

仕事が楽しい!と思って頑張っていた時期もありましたが、年齢が上がっていくうちに新卒のときのようなやる気に満ち溢れたときのようにはいかず、最近では冷めた視点で物事を捉えるようになりました。

 

愚痴をこぼしてしまいすみません。思うように妊娠できないことにもストレスが溜まり、仕事でもストレスが溜まり、ボロボロです。

 

仕事のせいにしたらいけないけど、不妊の原因が仕事のストレスなんじゃないか。

環境が変われば妊娠した話も聞くので、仕事を辞めたら妊娠できるのではないか。

 

最近はそんなことを考えてしまいます。

 

 

 

不妊治療中の女性が「退職」を選ぶ理由

今では働く女性の5人に1人は退職を選ぶ時代になりました。

不妊に悩む人が増えているのが原因です。

 

<不妊に悩む人が増えた理由は?>

不妊に悩む人が増えた理由として「女性の社会進出」が関係しています。

 

今の時代は女性が管理職とし活躍することも多く、仕事で責任のあるポストを任されているから今はまだ休めない。仕事を優先して子供はもう少し先でいい。という考えなどからいつのまにか年齢が上がり、子供を産むことが難しい年齢になっていると言えます。

また、ストレスによって妊娠しにくい体になってしまうということもあります。

 

そして不妊に悩む人が選択することは仕事を辞めること。

<不妊治療は仕事との両立が難しい>

  • 病院に通いずらい。

女性が不妊治療のために病院に行くときは医師が判断した日に来るように言われることが多いです。診察日は生理が終わった後や、排卵が近い日などの個人の周期に合わせないと意味がないからです。仕事をしていると予期せぬ残業があったりどうしても休めない仕事が入っている場合は病院に通うことができなくなります。さらに病院はどこも混んでいることが多いです。

混んでいる病院では予約をとるには何か月も先に予約をとらないといけません。せっかく病院で予約を抑えたとしても仕事で行けなくなったら不妊治療に専念できません。

 

  • 不妊治療のために仕事を休めない。

会社によってはまだまだ女性の妊活や不妊治療に理解を示さない会社もあります。デリケートな問題なので職場で公に話せないという方も多いのではないでしょうか。

男性多い職場だったらなおさら話しづらいですし、同じ女性でも妊活に理解のない方でしたらひどいことを言われることもあるそうです。

マタニティハラスメントと言って、「休んで病院に行くなら1回の治療で成功させろ」「子供なんてすぐできるし今休まれても困る。そんなことで休むの?」などといった言葉を浴びせられることもあるそうです。

そういった理解のない会社でしたら治療は難航します。そのため、退職する方も多いそうです。

  

 

辞めるか辞めないかで悩み続けているなら自分がどうしたいのか真剣に考えてみてください

 

 「辞める」「辞めない」でずっと悩み続けてストレスが溜まるならもう潔く辞めたほうがいいのかもしれません。

結論として「自分がどうしたいのか」が一番大事なことだと思います。

仕事を辞めることは「逃げ」でも「恥ずかしいこと」でもありません。

我慢するくらいなら辞めてもいいと思います。

 

 

わたしは、もっと早い段階で妊娠が発覚できていたら育児休暇を取って、復帰して半年ほど頑張ったら辞めようかと思っていました。労働者として国からいただけるお金はいただきたかったので。

育児休暇は職場に復帰する前提の制度なので半年足らずの復帰で退職することに批判的に思う方もいると思います。ですが退職する権利も労働者にはあります。

 

もうすでに辞めたいと思うようになったのできっと復帰することもなさそうです。

 

わたしはすでに、早く妊娠して辞めてやる!!と思っているのですが妊娠できない今は辞め時が見えないので退職しようか本気で悩んでいます。

主人とも話しているので決断は早いと思います。また報告します。

 

仕事を辞めること自体悪いことではありません。うつ病になったり体を壊してからでは遅いですからね。

旦那様としっかり相談してみましょう

 

 

退職して不妊治療に専念したいという意思を旦那様に相談してみたらどんな返答がかえってくるでしょうか?

 

そんなに焦らなくてもいいんじゃない?といった意見や、生活費が大変になる。といった現実的な考えをする方もいると思います。

 

妊活は夫婦の問題なのに他人事のように考える旦那様もいます。妻だけが不妊治療を頑張っていてもご主人もしっかり調べてみたら不妊の理由があるかもしれないのに病院に通うのは妻ばかり。どこか他人事です。

 

わたしも仕事を辞めたいと主人に相談してみたら、そのうちできるよ。妊娠できたら辞めれば?と言われました。今の状況では仕事を休めないから病院に思うように通えないし辛いんだよ。と言っても聞き入れてくれませんでした。

 

ですが嫌々ながらも仕事を頑張っていてもいつまで経っても妊娠できなくて、妊活も今では9周期目になり主人もこんなにできないのは辛いね。ストレスすごいみたいだし仕事辞めてもいいよ。と言ってくれました。

 

いつ辞めてもいいんだと思えたら少し気が楽になりました。

 

 

 

 

仕事が大事なのか

お金が大事なのか

自分自身の体や精神面が大事なのか

すぐにでも妊娠したいのか

 

何を優先すべきかによって仕事を続ける。退職する。決断をするのは自分自身ですが結婚した以上は生活を共にするのは旦那様なので旦那様にもしっかり相談して夫婦二人が良いと思う決断ができるといいですね。

 

 

 ベビ待ちママがグリーンゼリーを選んだ理由とは?