第一子を授かるための妊活奮闘記

自由だった独身時代から結婚をし、旦那様との幸せな生活を手に入れました。子供が欲しくて妊活に励んでいますがなかなか授かりません(>_<)赤ちゃん欲しいよ~。そんな日々を綴ります。

妊活開始から現在までのまとめ

 

f:id:aki234:20190403210026j:plain

今回はわたしの妊活開始から現在に至るまでをまとめていこうと思います。

 

避妊を止めたのは2018年7月頃でしたが基礎体温を測ったり、食生活に気を遣いだし妊活について調べ始めたのは2018年9月頃でした。

 

<妊活開始>

  • 2018年9月(1周期目)

排卵日を意識しだして基礎体温のグラフを見ながら最低体温日がここだから今日がタイミングをとるべき日かな?とソワソワ(この時は最低体温日=排卵日と思い込んでいました。わたしの場合は最低体温日から2日後が排卵日であると知りました。)

主人に仲良しするためにお願いしても「無理。したくない」と言われ、それでも無理やりお願いしたがケンカになり結局最後までできずに終わる。

 

  • 2018年10月(2周期目)

ガクッと体温が下がる日が2回あり、まだ排卵日についてよくわかっていなかったわたしはどこが正解の最低体温日かわからず、排卵日も不明。もうわかんないから「数うちゃ当たる」作戦でいこうと思っていたので仲良しの回数を増やしたいと思っていました。ですが主人は仕事の繁忙期もあって性欲が全くない時期でタイミングをとろうにも射精できなくなってしまいました。夫婦二人が頑張らないといけないのにセックスができないので意味がありませんでした。この月も撃沈。

 

  • 2018年11月(3周期目)

なんとなく自分の排卵日が生理開始から15日目あたりに来ることを把握できたわたしは、今月こそは!と気合を入れていました。そしてわたしが予想していた排卵日付近に3日連続で仲良しできました。いつも29~30日で来る生理が全然来なくかったのでもしかして妊娠したかな?と期待していたのもつかの間、この時は40日周期で生理がきました。こんなに遅れることってないのにショックでした。結果、排卵がいつもより遅くなっただけで3日連続で仲良しした日は排卵日ではなかったので全く意味がなかったようです。撃沈です。

 

  • 2018年12月(4周期目)

毎月の生理に落ち込んでしまうし、排卵日は自分の予想とは大幅にずれていてタイミングをとっても意味がなかったりしてストレスが溜まっていました。病院に行くことを決意し、診察を受けると膣カンジダ発覚。完治するまでコンドームなしのセックスは控えるようにといわれたので12月も排卵日は意味なく終わる。

 

<途中経過での振り返り>

ここまで振り返ってみると排卵日付近の性交はほとんどできていないし妊娠できるタイミングを逃してばかりでした。1か月に1回しかないチャンスなのに。

ストレスや体調不良などで生理が遅れることもあるので排卵日の予測って本当に難しいです。

 

  • 2019年1月(5周期目)

排卵誘発剤のクロミッドと黄体ホルモンの薬のデュファストンを初めて処方されて飲んだ月でした。このおかげで生理周期はいつも通りになり排卵日の予測がしやすくなりました。

ですが、この日にタイミングをとってねと医師に言われた日に主人が高熱を出してしまい1月も諦めるしかないのかなと思ったのですが主人が高熱で辛いのにタイミングをとろうと言ってくれて仲良しすることができました。

本当は3回ほどタイミングを取れたらよかったのですが無理させるわけにはいかないので、この1回で奇跡が起きることを願いましたが撃沈。生理が来てしまいました。主人には無理させてしまったので申し訳なかったです。

                        f:id:aki234:20190214193828j:plain

 

  • 2019年2月(6周期目)

クロミッド2回目。デュファストン2回目。

この月は医師に言われたとおりのタイミングで仲良しできました。なので絶対妊娠できていると思っていて、高温期もすごくきれいな状態でした。高温期が15日続いたところでこれはいい線いってるんじゃないか、このまま高温期が続きますようにと祈っていたのですが体温が高かったら高温期16日目だったはずの日に体温がガクッと下がり生理が来てしまいました。

 

  • 2019年3月(7周期目)

3回目のクロミッドを飲み排卵を促し、規則通りの排卵が起こりこの月も医師に言われたタイミングで仲良ししました。高温期からは3回目のデュファストンも飲みました。これできちんと着床してくれることを願い生理予定日を迎える。この月は生理予定日前のPMS(月経前症候群)が全くなくていつもと違うなと思っていました。

生理予定日をすぎても体温は高く、期待しましたが生理予定日1日後に体温が下がり生理がきてショックで落ち込み、病院に行ったときに看護師さんに慰められ泣いてしまいそうでした。

医師が言うには高温期もきれいだし受精はできてるけど着床まで至らなかったパターンだね。と言われました。着床障害(着床不全)みたいです。どうしたらいいのか確認したら次の周期は薬を増やしてhcg注射(排卵誘発注射)を打ってみよう。それでもだめなら治療方針を変えないといけないし人工授精をやってみるのもいいかもしれないと言われました。わたしはタイミング法だけで妊娠したいので「人工授精」はしたくありませんでした。ですが心身ともに疲れてきたので確率を上げるなら必要なことかもしれません。

 

  • 2019年4月(8周期目)現在

4回目のクロミッドを飲みいよいよ排卵するという時にhcg注射を打つことになりました。初めての注射で筋肉注射と聞いていたので絶対痛いやつだと思い打つのが嫌でした。あと、肩に打つものだと思っていたのですが打つ個所はまさかのお尻

すごく嫌でしたが妊娠するためなら仕方ないので打ってもらいましたが痛かったです。しばらくジンジンしてました。ネットなどでhcg注射のことは見かけていたのですがいまいちよくわかってなかったので自分が経験するなんて思ってもみなかったです。

そしてデュファストンも1日1錠から、1日2錠に増やし高温期の今飲んでいます。

主人にも頑張ってもらい排卵部付近でタイミングをとることもできたのであとは時間が過ぎるのを待つのみです。

 

 

この8周期目で妊娠できているといいな。もし妊娠出来たら「令和元年」の子が生まれますね(笑)令和元年が終わるまでに妊娠できるかな~。