初めての妊娠日記

約9か月ほどの妊活期間を経てやっと第一子を授かることができました。初めての妊娠なので不安だらけの毎日ですが、可愛い我が子に会える日が楽しみです。不安とワクワクのマタニティライフを綴ります。

心が折れそうになったので産婦人科へ行くことにした

自己流で妊活を頑張ってみましたがいつまで経っても妊娠できないので心が折れそうになっていました。生理が来ては涙を流す日もあり、なんで妊娠できないの?と辛かったです。

                  f:id:aki234:20190222201312j:plain

 

主人は、次がんばろう!と言っていましたが、わたしは今すぐにでも赤ちゃんが欲しい。産むのも女だし体力的にもきつくなる前に産みたい。と焦っていました。

 

 

 

病院へ行くことにした

妊活開始から4か月目。自分なりに妊活をしていましたが毎回生理がきては辛い思いをするので病院に行ったほうがいいのかな。と悩んでいました。

 

待たされるし、面倒なので病院に行くことが嫌いなのですが妊娠を望んでいるのはわたしだけじゃないので主人のためにも、そして孫を見たがっている両親のためにも早く妊娠できるように医師にアドバイスをもらってみよう。と思い病院に通うことを決意しました。

 

4か月分の基礎体温表を持ち、いざ病院へ。

 

案の定、2時間待ちました。なんで病院ってこんなに混んでるんだろう~。

 

 

ブライダルチェックは受けたほうがいい

診察に呼ばれるまで、昔行ったことのある産婦人科を思い出し、そこの病院は怖い女医さんだったので怖い先生だったら嫌だな~と思いドキドキしていました。

診察をしてくれた方は院長先生らしく、とても優しい先生でした。

 

超音波検査をしてもらい、子宮の状態を確認してもらいました。

性病になっていないか確認するための培養検査もそこでしてもらいました。

わたしはブライダルチェックを受けていなかったので妊娠を希望する前に性病になっていないか、子宮の状態はどうなっているか調べておけばよかったです。

 

  

診察でショックを受けることになった

初めての診察ではちょうど排卵後だったみたいで超音波検査できちんと排卵していることがわかり、月経周期も28~30日周期で規則正しく、基礎体温も低温期と高温期にわかれているので問題はありませんでした。

子宮もきれいだし「ちゃんと妊娠できる体だね」と先生に言われ安心しました。

不妊の原因があったらどうしようと不安でしたが妊娠できる体で本当に良かった!

 

ですが、安心したのもつかの間。

膣カンジダになっていました。

ショックです。自分では気づかなかったのでこの症状がカンジダなんだと知りました。

 

  • 膣カンジダとは

 

カンジダ菌は、じつは健康な女性でも持っている常在菌。“腟カンジダ”は、疲れやストレスなど抵抗力が落ちることで発症する、女性であれば誰にでも起こる可能性のある疾病です。また、再発を繰り返しやすい疾病としても知られています。

引用元:膣カンジダ(カンジダ症)ってどんな症状? | メディトリート | 大正製薬 

 

性病と勘違いされやすいのですが性病ではなく疾病です。5人に1人が発症したことのあるもので風邪や体調不良、ストレスなどで免疫力が低下したり、下着のムレや妊娠出産によるホルモンバランスの乱れなどが原因で発症します。

妊娠中にもなるものなので再発する方が多いといいます。

 

膣カンジダ自体は胎児に影響はないといいますが治療して治す必要があります。

妊活中であれば膣カンジダはカビ(真菌)なので卵管の周りにカビがはびこることで精子の通り道をふさいしまうそうです。

 

膣カンジダのせいでわたしも精子を通り道をふさいでしまっていたのかもしれません。

膣錠と塗り薬を処方してもらい治療することになりましが、もっと早く病院にいけばよかったな。

培養検査の結果、性病にはかかっていなかったので問題点は膣カンジダのみでした。

膣錠での治療を2週間ほど続け、やっと完治しました。

 

今ではドラッグストアなどでも膣カンジダの膣錠は購入できるので病院に行けないときは手軽に購入するのも手ですね。

 

                      膣カンジダの再発に「メディリート」 

                             

 

病院に行くことにしてから

一人で悩んでいた時期は不安に押しつぶされそうになったり、妊娠できないことにいら立ちを感じることもありました。ですが病院に行くとわたしと同じように妊娠希望の方がいて、看護師や医師に励ましてもらえるので、病院に行き初めてからは辛い時期も何とか乗り越えることができています。

 

自分に何か原因があるならばまずはそれを知ること。そして治療して医師や看護師さんにアドバイスをもらうことで妊娠へのステップアップにつながります。

 

 わたしは、できれば「タイミング法」のみで妊娠したいので病院で確率の高い日を教えてもらって妊娠できたらうれしいな。

  

 

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 妊活へ
にほんブログ村