初めての妊娠日記

約9か月ほどの妊活期間を経てやっと第一子を授かることができました。初めての妊娠なので不安だらけの毎日ですが、可愛い我が子に会える日が楽しみです。不安とワクワクのマタニティライフを綴ります。

妊娠を希望してから後悔したこと

 

 妊娠を希望した時期

26歳で結婚。主人は33歳。

結婚したばかりの時期は1年くらい二人での時間を過ごしてそれから赤ちゃんができてるといいね。と話していました。新婚旅行でのタイミングで妊娠できていたら丁度1年後くらいに出産になるのでハネムーンベイビーだね♡と主人と話していて赤ちゃんも授かり、理想通りの結婚生活が送れることを想像していました。

                           f:id:aki234:20190304183552j:plain

 ですが、現実はそう甘くなかったのです。

 

 

無知すぎたが故に

当時のわたしと主人は妊活はしていなくて、妊娠の知識も全くありませんでした。

避妊を止めれば赤ちゃんってすぐ出来るよね~。妊娠したら十月十日で子供が生まれるね~。何月生まれがいいから、この時期に性交すればいいよね~。という感じでした(笑)

大馬鹿者ですよね。

 

世の中には不妊で苦しんでいる人もいるのに当時のわたしたちは「妊娠」というものに無知で簡単にできるものだと思っていました。

 

なかなか赤ちゃんを授かることができないので、おかしいな。なんでだろう。と思い、そこから妊活や妊娠に対して調べて勉強するようになったのですが、そこでやっと妊娠する確率が低いことを知り、絶望し、 楽観的に捉えていたわたしたちが 妊活に苦しむことになるのでした。   

    

 

            

後悔してももう遅い

後悔したことといえば

  • 妊娠に関する知識を身につけておけばよかった。
  • ブライダルチェックをしておけば良かった。
  • もっと早く避妊を止めるべきだった。
  • 自分の体に気を配り栄養バランスのいい食事をとっていればよかった(ジャンクフードや冷凍食品など気にせずに食べていました)
  • 生理中や排卵期や黄体期など、ひと月の体の変化に敏感になるべきだった。

などなど。何もかもが遅かったし結婚前にしておけばよかったと後悔し、当時の自分を叱ってやりたいです。 

 

 

 

 妊活は実行あるのみ!やれることはとことん取り入れる!

 後悔してても仕方がないので妊活の本を読み、妊活に効果的なことはどんどん取り入れていこうと決めました。

 

読んでみた書籍第1号。「妊活 治療と生活アドバイス」

 

妊活情報誌『赤ちゃんが欲しい』の優良コンテンツをまとめた
「妊娠と妊活の超基本」がよくわかる大百科。

20~40代のカップルで「赤ちゃんが欲しいけど、なかなかできない」という状況の夫婦に向けて、妊娠の基本や今からやるべき治療、生活&体質改善、セックス法などをわかりやすく紹介しています。

            引用元:https://www.amazon.co.jp/ref=nav_logo

 

              

妊活の基本が読める一冊です。読んだ感想としては妊娠するために必要なこと、自分で取り入れられる温活や食事のレシピについてや、不妊治療の流れなどがわかりやすく書かれていました。病院に行こうか悩んでいる方や妊活初心者さんに、ぜひ読んでいただきたい書籍です。

 

本を読み、勉強したおかげで わたしは一歩前進することができました。